稲城市災害防止協会とは

活動理念

 稲城市災害防止協会は、昭和48年5月に発足以来、稲城市民及び各事業所の防火思想の普及、防災行動力の強化を目指して活動しております。

主な活動 ・事業

  • 稲城市で行われる催物等への消火器及びミニ消防車の貸し出し
  • 稲城市で行われる催物等での火災予防広報
    (iのまちいなぎ市民祭、稲城くらしフェスタ、稲城市総合防災フェスタ、平尾まつり等)
  • 春・秋の火災予防運動期間中での火災予防広報
    (市内各所へ横断幕の掲出、消防車両による広報活動、防火ポスターの掲示等)
  • 防災週間に赤ちゃんが誕生した家庭への消火器プレゼント
  • 防火・防災関係施設等への視察研修
  • 市内の防火管理者、危険物取扱者及び市民を対象とした実務研修会の開催
  • 市内の防火・防災関係団体への助成
    (稲城市消防団、稲城市女性防火クラブ、坂浜・押立地区少年消防クラブ等)

 

いなぎ市民祭での防災物品販売

消防出初式での徒列行進

視察研修会(東京湾アクアライン)

防災週間の消火器プレゼント

組織構成

役員

会 長:奈良部義彦(有限会社稲城防災設備)
副会長:3名
会 計:2名
監 査:2名
理 事:若干名

会員

216会員(令和3年4月1日現在)

その他

顧 問:市長、市議会議長、消防長
相談役:前会長、消防署長、消防団長

会則・内規

○ 稲城市災害防止協会会則(PDFファイル)

○ 稲城市災害防止協会内規(PDFファイル)